Menu

お金を借りる際の誓約書について 2017年4月9日

お金を借りる時はトータルで考えると節約できます。お金を借りるということはコストを払う必要があります。コストは金利や事務手続き手数料や印紙代、金融業者に連絡する際の電話代や交通費なども含まれます。支払いや急な出費でお金を借りなくて遣り繰るすることは良くあることです。逆に考えるとお金を借りられるということは信用があるということで、今までの商売や生活態度が認められたということもいえます。さて、お金を借りる際に金融会社で誓約書を書く場合は注意が必要です。内容をよく確認してから署名や押印をするようにしましょう。支払いが本日であり、銀行に急いで入金しにいかないという時などは特に注意が必要です。誓約書に貸し出した金額が記載されていますが、急いでいて、確認を怠ると足りないこともあるかもしれません。しかし、サインや押印をしてしまったあとでは覆すことが難しくなります。裁判では書類の形式が整っていると認められてしまうことが多いのです。お金を借りるさいの誓約書は証文と同じ効果があります。金額はもちろんですが、金利や返済方法も良く読んでわからない場合は説明を求めましょう。書面と言うのは確実に物事を進めるために記されるものです。お金を借りるときも誓約書や契約書などと名前は違いますが証拠となる書類を残します。連帯保証人のことも記載されていることもあるので家族に迷惑をかけないように書類はしっかり確認しましょう。お金を借りる際の誓約書は重要です。

カテゴリー 融資